自律神経,調整機能,自律神経失調症
>自律神経の調整機能について   >自律神経の調整機能が乱れると  

自律神経の調整機能の乱れと自律神経失調症

自律神経の調整機能である交感神経と副交感神経が乱れると、自律神経失調症となって病状として現れる事があります。ただ、この自律神経失調症は病状が幅広く、精神科などへ行くと、パニック障害と診断される事もありますし、うつ病と診断される事もありますし、不眠症と診断される事もありますし、統合失調症と診断される事もあります。中には自律神経の調整機能は乱れているが、自律神経失調症という病気は存在しないという医者もいます。それほど病状が幅広く、難解な病気となっています。自律神経は人にとって様々な機能をコントロールする働きを持っています。それが乱れることで、めまいやうつ病、不眠、パニック症状や被害妄想などの様々な病状が出てきて、どの病状が出てくるのかも人それぞれです。治療にはストレスを取り除く事と、規則正しい生活を行う事が一番有効とされており、それに加えて薬物治療などを行うと有効となります。誤診が多いため、早期発見と、早期治療が求められる病気です。



自律神経の調整機能と自律神経失調症について

自律神経は人間の生活活動の為には、欠かせないものでメカニズムとしては起きている間は主に交感神経、眠っている間は副交感神経が働き自律神経のバランスを保っています。 交感神経と副交感神経のどちらかの働きが鈍くなると、自律神経の調整機能も狂い精神的に症状が現れる事も有りますし、身体的に症状が現れる事も有ります。寝不足での仕事が続くと体調が悪くなる例が良い例ですが、逆に睡眠時間が多すぎても頭の回転が悪くなったり、認知症になりやすくなるのが良い例です。 体内時計が狂い自律神経の調整機能の悪化が酷くなると、うつ病や自律神経失調症等の精神疾患にかかる事も珍しくありません。赤ちゃんを例にあげると、赤ちゃんは寝ている間にその日に覚えた言葉を整理して言葉を覚えていきますが、それは大人でも例外ではなく、大人も睡眠時間中にその日に有った事を整理して翌日に備えますので睡眠中の副交感神経の働きは、自律神経の調整機能上とても大切な働きを行っています。この調整機能の働きを保つためには、人間は活動と睡眠のバランスを上手く取る事が必要になります。